【宿泊記】海風テラス(淡路島) 子連れでくつろぎテラス月籠に宿泊

ホテルステイ

最近急増中の淡路島の貸別荘。

今回、淡路島の貸別荘「海風テラス」(UMIKAZE TERRACE)を子連れ家族で宿泊してきました。

3階建ての貸別荘に子供たちも大興奮!

最高のオーシャンビューと至れり尽くせりのサービスに大満足でした。

このブログでは海風テラスの宿泊記(口コミ)をご紹介していきます。

スポンサーリンク

1.ロケーション

1)施設の場所

施設の場所は淡路島の北側で「北淡」と言われるエリア。

明石海峡大橋を渡ってすぐのICから車で2分と神戸や大阪から非常にアクセスが便利です。

一本入った道の先に海風テラスはあります。

この先に海風テラスはあります

この道の先に宿泊者専用ゲートがあり、事前に通知された暗証番号を入力して入ることができます。

周りは森で囲まれていて、他に建物もないのでとても静か。

部屋の窓からは海、明石海峡大橋、神戸の夜景が見えるので景色は最高!

2)周辺の遊べる施設

周辺にはいくつか遊べる施設があるのでご紹介しておきます。

近年このエリアは新しい施設が出来てきていて盛り上がっています。

①ニンゲンノモリ

淡路島公園内にあるこのエリア最大の遊び場です。

オーシャンリゾート淡路からは車で10分程度の距離にあります。

アニメキャラクターなどのアトラクションが楽しめます。

https://nijigennomori.com/

Narutoやクレヨンしんちゃん、ドラクエなどのエリアに分かれていて、料金はそれぞれ別。

結構、料金が高いわりに口コミでの評判がよくないので我が家は利用しませんでした。

行きたい場合はじゃらんでクーポンをゲットして予約するのがオススメです。

②淡路島公園

ニンゲンノモリもある淡路島公園は同じくオーシャンリゾート淡路から10分程度。

兵庫県立淡路島公園ホームページ
兵庫県淡路市。淡路島公園のイベント情報や花と緑の情報を写真でわかりやすくご紹介します。

公園は無料で入れるので気軽に行けます。

巨大な滑り台や遊具、水遊びができる広場などがあり結構楽しめると思います。

③明石海峡公園

明石海峡公園も車で10分程度の距離。

淡路島 国営明石海峡公園 | 海をのぞむ花とみどりいっぱいの公園へ

大小合わせて150もの遊具があります。

以前我が家も遊びに行ったことがありますが、子供たちも大満足でした。

また料金も大人が450円で中学生までは無料というお手軽さ。

小さいお子さんがアスレチックで遊ぶ場合はこれで十分かと思います。

3)周辺グルメ

①シェフズガーデン

2021年4月にオープンしたシェフズガーデン。

https://www.awaji-chefgarden.com/

車で5分程度のすぐ近く。

美味しいレストランが集結していろんな料理を楽しめます。

オーシャンリゾートの雰囲気を味わいながら、外で食べる食事は最高です!

コロナで苦労する飲食店を助けるため、2年間限定の施設なので早めに行ってみて下さい。

詳しくは以下の記事をチェックしてみて下さい。

淡路シェフガーデンの記事はこちら>>

②Craft Circus(クラフトサーカス)

淡路島の西海岸エリアにあるカフェレストラン。

インスタ映えするカフェレストランがあるので旅行の思い出にオススメです。

我が家も2回ほど訪問したことがありますが、特に夏にオススメです。

Craft Circusの記事はこちら>>

4)近隣スーパー/コンビニ

近隣で買い物できる施設についてもご紹介しておきます。

基本的に食事はついていないので事前に準備しておくか、近くで買い物が必要になります。

マイマート岩屋

海風テラスから5分程度でいける最も近いスーパーです。

大手のスーパーに比べると品ぞろえは少ないですが、BBQをするための食材は一通りそろっています。

マルナカ 東浦店

海風テラスからは15分程度かかりますが、かなり大きなスーパーです。

店内にはベーカリーなどもあり、一通りのものは揃います。

海風テラスはBBQセットはすべて揃っていますが、ここでも購入可能。

③ファミリーマート 淡路岩屋

車で3分程度の場所にファミリーマートがあります。

BBQの炭や着火剤などはおいていなくて、普通のコンビニの品ぞろえでした。

営業は24時間やっているので安心です。

2.海風テラスの施設紹介 くつろぎテラス月籠

それでは、海風テラスの施設を紹介していきたいと思います。

海風テラスは「くつろぎテラス月籠」と「あそびばテラス雲居」の2棟があります。

今回、我が家が宿泊したのは「くつろぎテラス月籠」。

2021年3月にオープンしたばかりなので、建物自体は非常にきれいで面白い造りになっています。

BBQに必要な備品はすべて揃っているので、準備するのは食材のみでOKです。

1)くつろぎテラス月籠 建物の紹介

建物の外観はモダンな一軒家風です。

隣の「あそびばテラス雲居」と2棟くっついていますが、隣の声は全く聞こえませんでした。

車は各棟3台駐車できます。

玄関は鍵式ではなく、暗証番号式になっています。

この暗証番号も事前に連絡があるのでその番号を入力します。

ここに暗証番号を入力

建物に入ったらまず最初にチェックインを行います。

基本的に電話連絡とタブレットでの操作によってチェックインもチェックアウトも完了。

タブレットでは宿泊者全員の顔写真の撮影と住所を入力します。

タブレット操作は若干わかりずらいところもあり、年配の方はちょっと戸惑いそうな感じです。

その場合は、タブレットではなく宿泊者名簿に記載してもいいようです。

室内は1階が現代風な土間になっていておしゃれです。

また囲炉裏風のテーブルもあり、古民家の雰囲気を出しつつモダンな造りになっています。

ただ、この排煙フードの使い方がよく分からず、囲炉裏で火をつけたら部屋中が煙で溢れました(笑)

土間の壁には50インチのテレビがあります。

土間にはクッションがあるので、クッションに横になりながらテレビを見るとリラックスできます。

続いて、2階に上がると子供たちが遊べるスペースが待っています。

子供たちは椅子と吹き抜けのハンモックでずっと楽しそうに遊んでいました。

寝室はベッドが2台あります。

今回、2家族で泊まりましたが、2階の寝室ベッドで1家族、1階の土間で1家族が寝ました。

1階にも2階にもそれぞれトイレがあるのでとても便利。

2階のトイレ

洗面所とお風呂は信楽焼が使われていて和風モダンな印象。

お風呂からはちょっとしたベランダに出ることもできます。

そして3階はロフトのようなスペースになっています。

3階への階段はかなり急なので小さいお子さんがいる場合は注意してください。

3階のベランダからはこの建物で一番いい眺めを見ることができます。

ベランダの椅子に座りながら眺める朝日は最高でした!

30分くらいボーっと眺めていました(笑)

2)備品・アメニティの紹介

つづいて備品やアメニティを見ていきましょう。

①備品レビュー

備品はBBQをするにあたってどんなものがそろっているか知っておきたい情報です。

公式HPに記載されている備品はこんな感じです。

備品一覧
  • キッチン
  • 冷蔵庫、炊飯器、電子レンジ、トースター、湯沸器
  • 調理器具(片手鍋、フライパン、食器)
  • 調味料(オリーブオイル、醤油(センザン醤油)、料理酒ポン酢(センザン醤油)、焼き肉のタレ、クレイジーソルト、胡椒、スティックシュガー、コーヒー(萩原珈琲)・お茶ティーバッグ(静岡茶)
  • テラス(デッキチェア、履物)
  • BBQセット(BBQコンロ、ライター、網、軍手、トング、着火剤、炭、薪)
  • 50インチテレビ
  • 乾燥機付洗濯機
  • 空気清浄機(Panasonicナノイーx)
  • 背もたれ付座椅子(tetra)
  • 無料Wi-Fi
  • 吹抜ハンモック
  • 囲炉裏(鉄板、網、着火剤)

調理道具はすべて揃っていますし、食器もかなりの数があるので基本的に何も持って行かなくてOK。

子供用の食器もちゃんと準備してくれています。

トースターもあるので朝食にパンを買って食べました。

驚いたのは調味料類。

基本的なものは一通りそろっているのでほとんど持っていく必要ありません。

前回宿泊したオーシャンリゾート淡路にもここまでは揃っていませんでした。

もちろん調味料は好みがあるのでこだわりがある場合は持参することをオススメします。

冷蔵庫は一般家庭にあるようなサイズなので、大人数の食料も問題なく収納できます。

BBQ用の設備もすべて揃っているので、なにも持っていく必要はありません。

こんな感じで火をおこしました。

ベランダには椅子は置いているのですが、テーブルがないので食べ物は家に運び込んで食べました。

それがちょっと面倒くさかったですが、それ以外は何にも文句のつけようがないほど充実していました。

②アメニティの紹介

アメニティも一般的なホテル並みのものがおいてあります。

アメニティ一覧
  •  シャンプー(MARKS&WEB)
  • トリートメント(MARKS&WEB)
  • ボディーソープ(MARKS&WEB)
  • 洗顔フォーム(無印)
  • 化粧水(無印)、
  • 乳液(無印)
  • クレンジング(無印)
  • バスタオル(今治タオル)
  • フェイスタオル(今治タオル)
  • 歯ブラシ
  • ヘアブラシ
  • カミソリ
  • ボディスポンジヘアゴム
  • シャワーキャップ
  • コットン
  • 綿棒

タオルは今治タオルなのでふわふわで気持ちがよかったです。

パジャマや寝巻類はないので持参してください。

その他 ヤギのポーちゃん

くつろぎテラス月籠側にはなぜかヤギが飼われています。

可愛いですが、メーメーなくので子供たちは怖がっていました(笑)。

スポンサーリンク

3.予約・料金

今回の予約はいつも愛用の一休.com。

予約サイトで海風テラスを予約できるのは一休.comかYahooトラベル。

一休.comの予約はこちらから>>

Yahooトラベルからの予約はこちらから>>

値段はどちらも同じなので、普段利用しているサイトを利用すればいいと思います。

今回の宿泊料は以下の通りです。

4歳以上のメンバーがMax5人までしか泊まれないという制約があります。

施設に確認しましたが、お金を払ってもこの5人という上限は変えられないとのこと。

我が家の3歳の息子は0カウントで宿泊OK。

夏休み開始の連休で、2家族で87,580円であればなかなかリーズナブル。

あまり値下げもしていないので、大体このくらいの金額が上限だと思っておけばいいと思います。

4.まとめ

それでは最後によかった点と悪かった点をまとめていきたいと思います。

良かった点
  • 建物は新しく非常にキレイ
  • 必要な備品がすべて取り揃えられている
  • 子供たちも楽しめる遊びスペースがある
  • 周りは静かで、人との接点もないので気兼ねなく滞在できる
  • 電話でのスタッフの方の対応も非常に良い

大満足だったので特に目立った悪い点はないですが、強いてあげるとこんな感じでしょうか。

悪かった点
  • タブレットの操作が若干わかりづらい
  • ベランダにもテーブルがあるとBBQの際に便利
  • 周辺に住宅は無いけど、花火ができない

3点目の花火については、木に囲まれているので火事の危険がありできないということでした。

とはいえ、2家族とも非常に楽しめて大満足で帰ってきました。

淡路島への旅行の際には是非とも海風テラスへの宿泊も検討してみて下さい。

ちなみに海風テラスよりも大人数かつもう少し安く泊まれるのはすぐ近くにあるオーシャンリゾート淡路です。

こちらもオススメですので、興味がある方は以下の記事もチェックしてみて下さい。

コメント

  1. 海風テラス より:

    昨年は海風テラスにご宿泊頂きまして、ご丁寧な口コミを掲載頂きまして、有難うございました。

    先日たまたまお見かけし、とても嬉しく読ませて頂きました。
    備品や細かい点まで、掲載頂き、読まれた方がとても参考になると思います。有難うございました。

    設備の追加や改善もして参りますので、ご要望ございましたら、遠慮なく申し付けくださいませ。

    • いりょパパ より:

      ブログをご覧いただきありがとうございます。また返信が遅れて申し訳ございません。昨年はとても楽しく宿泊させて頂きました。また、機会があれば利用させていただきます。

タイトルとURLをコピーしました